HAUNTEDじゃんくしょん(4)について

鬼平犯科帳(10)[コミック]の詳細情報

火盗改方長官、ご存じ長谷川平蔵が京へ旅に出た。
その旅先、京から奈良で大泥棒一味と大立ち回りを演じる大長編「兇剣」を収録。
平蔵が江戸を留守にしている間に、火盗六兵衛一味が市中を跳梁。
そのころ、駿府に着いた平蔵一行にその連絡が届いたが、その駿河にも兇賊一味が……「駿州・宇津谷峠」ほか、平蔵の妻・久栄のもとに、昔の男・近藤勘四郎が現れ、娘が誘拐され……「むかしの男」の2編を収録。
情け容赦なく殺傷を行う、兇盗・羽佐間の文蔵の仲間・音吉が江戸に現れた。
さっそく探索を始める平蔵だが、音吉が逗留する旅籠は裏で金貸しをしていて……「五年目の客」ほか、平蔵を仇と狙う盗賊を捕らえる「霧の七郎」の2編を収録。
平蔵の密偵となった、おまさが浪人くずれの盗賊集団に拉致され、江戸の郊外の荒れ屋敷に連れこまれた。
それを一人で見張る平蔵だが、ついに一人で乗り込むことに……「血闘」ほか、平蔵の妻の実家で起きた事件を解決する「密通」の2編を収録。
網切の甚五郎は加賀を本拠地とする兇賊だが、今、江戸に向かう。
その途中、偶然にその目的を聞いた、老盗鷺原の九平も江戸に帰るところだ。
その目的とは、平蔵暗殺……「兇賊」ほか、夜鷹殺人をのり気でない町奉行に替わり、火盗改方が解決する「夜鷹殺し」の2編を収録。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60004897

Copyright © HAUNTEDじゃんくしょん(4)について All rights reserved
Ads by Sitemix