HAUNTEDじゃんくしょん(4)について

華の宴とは?

華道の家元、六波羅流に生まれた三人の姉妹、栄(さかえ)、光(ひかり)、重(かさね)。
彼女たちは自分の中の“花”を、そして女としての“華”を個性豊かに追い求める…。
恋と仕事、そして家族を大切にそれぞれの道を生きる三姉妹の成長を描いた表題作のほか、女好きの派手な男の一途な愛を描いた「ハートブレイカー」を収録。
最高のときを迎えぬままに消えた野球選手、いつも2位に甘んじていたスケート選手、マスコミ嫌いのマラソン選手、オリンピックに出場した高校生の体操選手、そして元カレの野球選手…。
駆け出しのスポーツライター一葉(かずは)は、心魅かれた選手が迎える最高の瞬間を、競技者としての輝きに満ちた姿を書き留めるため、今日も奔走する。
多寿美(たすみ)は子供の頃からちょっぴりヘソ曲がり。
「どーしてみんなと一緒じゃなきゃいけないの。
私はヘンでいいんだもん」が口癖。
いつも不機嫌で、眉間にはシワが! 本当はみんなと少し趣味が違うだけなのに。
そんな彼女が恋に落ちちゃって…。
表題作をはじめ、普通の女の子の恋と成長を描いた全5編を収録。
ついに俊介との愛が復活した桜子。
幸せをかみしめる彼女だが、二人の関係をネタに恐喝をする謎の人物が出現。
更に、親友・純も行方不明になってしまう。
純は無事なのか、桜子は愛を貫けるのか。
感動の完結編!!終戦直後、日本中いたるところに戦争の傷あとが残り、餓えと疲労で人々の心は荒みきっていた。
そんな中、“ガキ”と呼ばれる悪たれを頭に、戦災孤児たちの集団が存在した。
その中に、ひとりの少女が仲間入りするのだが…。
『悪たれ』他全5作品を収録した政岡としやの短編集。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60009389

Copyright © HAUNTEDじゃんくしょん(4)について All rights reserved
Ads by Sitemix