HAUNTEDじゃんくしょん(4)について

ベルサイユのばら(2)を考える

フランスに嫁ぎ王太子妃となったアントワネットは、パリの仮面舞踏会へ出掛け、スウェーデンの貴公子フェルゼンと知り合う。
アントワネットを護衛する男装の麗人、オスカルと共に三人は運命の出会いを遂げる――!! そして1744年、ルイ15世が天然痘により死去、ついに若々しい19歳の国王と18歳の王妃が誕生したのだった。
フランス王妃となったマリー・アントワネットは、新しいドレスや宝石、自分のお気に入りの貴婦人のために浪費を繰り返した。
アントワネットの浪費は国家財政を圧迫し、重税に苦しむ国民は次第に新しい王室に失望しはじめていた。
一方、フェルゼンは道ならぬ恋に苦しみ、アントワネットの前から姿を隠そうと…フランス犯罪史上あまりにも名高い「首飾り事件」勃発! 国民の王妃と王室への疑惑は決定的なものとなってしまう。
また、貴族ばかりを狙う泥棒「黒い騎士」をオスカルは追っていた。
黒い騎士の正体は、その狙いとは?黒い騎士を捕らえたオスカルは、貧しい民衆たちの貴族への不満を改めて思い知らされる。
一方、フェルゼンへの秘めたる想いに苦しむオスカルだったが、オスカルの乳母の孫・アンドレもまたオスカルへの想いをつのらせていた。
オスカルは降等処分を申し出て近衛隊を除隊し、フランス衛兵隊へ勤務することになった。
オスカルは自分を毛嫌いする兵士たちと上手くやっていこうとするが、そこへ父から結婚話を持ちかけられ… また、フランス政府はかつてないほどの深刻な財政困難におちいり、王室はもはや破産寸前の状態となっていた。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60001740

Copyright © HAUNTEDじゃんくしょん(4)について All rights reserved
Ads by Sitemix