HAUNTEDじゃんくしょん(4)について

サムライ刑事(13)の言葉の意味

覚醒剤のルートを解明するため、売人カップルを装い暴力団事務所に潜入した武蔵と涼子。
涼子の迫真の演技で交渉は成立し、取引先を訪れた二人だが、そこには、警察署内に存在するスパイから情報を得たという組員たちが待ち構えていた。
組員たちに取り囲まれた武蔵たちは、逆にスパイ活動を強要されるが…。
ゴスロリ姿の少女が、レイプ常習犯を次々と銃撃する事件が発生。
少女は、まるで誰かを探しているかのように振る舞い、犯行を繰り返していた。
事件を追っていた武蔵は犯人の少女に辿りつくが…。
涼子と大友の捜査を助けるため、中国マフィアのスパイを装い東京の警視庁特捜へ潜入捜査に就くことになった武蔵。
しかし、そこにはすでに本物のスパイ“銀狼”が潜入していた…。
果たして武蔵はこの危険な任務を遂行できるのか…!?博多の街で狙撃事件が発生。
犯人はホームレスとして公園に身を隠すが、ベテランスナイパーの仮の姿を疑う者はいなかった。
しかし、武蔵は彼の本性を見抜き、彼の身辺捜査を始める。
身辺に危機感を抱いた犯人は、武蔵を狙撃しようと企むが…。
元ロシア黒水仙部隊の生き残りのマリリンたちは、傭兵稼業を引退し、日本でメイドカフェを始める。
その矢先、元上官のワシィリー大尉の強引な傭兵復帰を迫る依頼を前に、傭兵復帰を受けると偽りワシィリー大尉の殺害を決意していた。
一方、潜入捜査によりその事を知った武蔵と涼子は!?続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60021226

Copyright © HAUNTEDじゃんくしょん(4)について All rights reserved
Ads by Sitemix